お買い物日記

アルコールが苦手でも飲みやすい『凍らせ梅酒』

アルコールが苦手でも飲みやすい凍らせ梅酒
 
さくら
お酒は苦手だけど、周りの人と雰囲気は楽しみたいな

大人になったら、お酒を美味しく飲んで、気の置けない人たちと楽しい時間が過ごせると思っていました。

でも、いくら年を重ねても、アルコールの味や香りが苦手でお酒が飲めないまま…。

気の置けない仲間たちとのパーティで、一緒に楽しめるようなお酒はないのでしょうか?

そんな人におすすめなのが、冷凍庫で凍らせるだけの『凍らせ梅酒』です。

アルコール感も感じず、デザートのように気軽に楽しめますよ。

 

シャーベット感覚で食べられる『凍らせ梅酒』

ぽぽ
冷凍庫で袋のまま凍らせるんだって
凍ったら袋ごともむだけでシャーベット状になるみたいだね
なな

凍らせ梅酒はビンや紙パックのように場所を取りません。

冷凍庫の設定にもよりますが、大体8時間程度でシャリシャリに凍りました。

 

スプーンですくって食べる梅酒

凍らせてから容器に入れるとシャリシャリのシャーベット状です。

スプーンですくって口に含むと、実際アルコールは7%も入っていますが、アルコールの香りはそれほど強く感じませんでした。

1パック150mlなので普通に飲める人には飲み切り量でちょうど良いのかもしれません。

お酒の弱い人はしっかり封をして小分けにすることで数日間楽しめます。

さくら
私は1/3パックくらいがちょうどいいかな。

 

冬でも活躍しそうな『凍らせ梅酒』

夏に発売された気軽にシャーベット状の梅酒が楽しめるこの商品ですが、冬にも重宝しそうです。

透明感のある小さい容器に取り分けて食前酒にしたり、温かい鍋料理の後にデザートとしても良さそう。

夏場だけでなく年間を通して販売してくれると嬉しいな。

 

自分で作るととても面倒なシャーベット梅酒

クックパッドなどでレシピを調べると、梅酒と水を混ぜて度々かき混ぜながら冷凍庫で冷やす方法が載っています。

それを考えると袋に入れたまま凍らせることができ、凍ったら手でもむだけのこの商品、とても便利なアイテムですよね。

以前「かき氷に梅酒をかけると美味しいよ」と友人に教えてもらったことがありますが、この商品ならかき氷を用意しなくても良いところも良いと思います。

 

まとめ

他の人がお酒が入って陽気に楽しんでいても、飲めないと一人冷めた気持ちになりがちですよね…。

『凍らせ梅酒』ならお酒が弱い人でも量を調節してほんのり酔った雰囲気を楽しめそうです。

梅酒が溶けるのを遅くしたい場合は、保冷カップなどを利用するとより長く冷たい食感を楽しめますよ♪

ほんのり雰囲気を味わえるだけでも、楽しさは変わってきますよね。
みどり

-お買い物日記

Copyright© なぎなぎ , 2019 All Rights Reserved.